スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラマダン中に水飲め令。

2009年08月20日 16:03

もうすぐラマダンが始まります。

この暑さの中ラマダン....。




普通に生活しているだけでも辛いこの暑さの中
日の出から日没までの間の絶食は
か~な~りキツイと思います。



屋内での労働者ならまだしも
屋外での労働者はどうなってしまうのでしょう?



そこでイタリアのマントヴァで
こんな内容の条例が制定されました。

「ラマダン中でも水を飲むこと。守らなければ解雇する。」

これは一日中、夏の強烈な太陽の下
農園でトマトやメロンの収獲する
イスラム教徒の労働者に課された条例です。


断食中に飲まず食わずで労働したあげく
疲労、日射病などで倒れたり
もしくは命を落とす危険性を懸念しての条例なのですが。



この条例の下、イスラム教徒は水を飲むのでしょうか?












「飲まんわ~っ!」



との声がすぐに聞こえてきそうですが。










この条例は、すでに過去のラマダンで
断食中に水さえも飲まずに労働を続ける
信仰心の篤いイスラム教徒達が引き起こした
様々な問題に基づいており

しかもラマダンをする必要のないインド人の労働者が
断食などしていないにもかかわらず暑さの下
亡くなった事例が影響しています。




しかしイスラム教徒側では

「コーランに書かれている通り
 断食を含めて宗教の選択は個人的なもので
 誰によっても定めたり禁止されてはならない。

 よって、いかなる法規や契約も
 ラマダン中に水を飲むことを強制してはならない。

 そしてこの条例によってイスラム教徒の労働者が
 解雇されなどしたら
 我々はあらゆる手段を行使し抗議する。」






農場主もイスラム教徒を条例の下
強制することは難しいことは承知の上で
さっそく次の手段を考えている...


と la Repubblica誌が続けるに....


農場主はイスラム教徒の雇用よりも
ルーマニア人の雇用を推し進めることにより
問題解決を図っている。




ってことは


この無謀な条例の影にも
欧州共同体に属さない国出身者よりも
同じ低賃金で雇うならば
EU圏出身者を雇うという、あからさまな目的があるようです。



なぜ季節労働者もEU圏内出身者を政府は求めるのか?


イタリアからほど近い国に住民票をおき
季節労働のため出稼ぎにやってくるルーマニア人は
季節労働後すぐに国に帰って、物価の低い自国で暮らします。





EU圏が広がる前は、誰もやりたくない仕事をするのは
アフリカや南米、フィリピン出身者だったのですが

彼らはイタリアに住民票をおき
季節労働契約後に次の仕事が見つからない場合
失業保険金を申請しながら生活を続けるので
イタリア政府にしてみれば「高くつく」労働者なのです。






神と信仰者との間の問題に口を挟む条例なんて
無信仰の私でも「失礼だなぁ」と思ってしまいますが

こうして騒ぎ立てる裏には
いつも何か真の目的が隠れているものです。











 
 










スポンサーサイト

モロッコの民間療法。

2010年03月20日 01:29

昨日幼稚園の先生から電話があって

「ビンバちゃんに赤いボツボツが出ているのですが
 水疱瘡にはもうかかりましたか?」

いいえ、かかってません。

「クラスで流行っているので早めに迎えに来てください。」

はーい。




クラスで流行っているのなら、それは確実に水疱瘡ですね...。

ということは明日から一週間は、お家にこもることになるんですね...。




あと30分で普段のお迎えの時間なので
先にお医者さんに水疱瘡の時の対処法を聞いちゃお。


すぐに小児科に行くと

抗ヒスタミン剤を5~6日
発疹部分に塗る薬
かゆみを抑えるためのミントパウダー
熱が出たらタキピリンともう一つ薬を処方してくれるとのこと。


これで病んだビンバを連れて診察しなくても大丈夫。




お迎えに行くと、首の部分に虫刺されのような発疹が。


翌日は少しずつ発疹がカラダ全体に広がって
夜中、今私の脇で痒がっているので

ミントパウダー(ぬるとスーッとするだけ)をぬってあげて
痒みをまぎらわせています。




夕食時にモロッコ人のNちゃんがやってきて

「あなた、もう水疱瘡には罹っているわよね?」

と聞くと、大丈夫、かかっているとのこと。



「水疱瘡の時に食べなくちゃいけないものがあったのよね,,,
何だっけ?
 え~っと...トリッパ(モツ)だわ。トリッパ食べさせないとね!」


でたっ!モロッコの掟。



間もなく義姉が帰ってきて、
ハラル肉屋の本日の収穫物をテーブルに広げて説明し始める。

「牛足(豚足禁止ね)!
 牛とタッキーノ(ターキー)の合挽き肉!これは日曜日に料理するから。
 それとトリッパ!これはセロリと料理して水疱瘡のビンバが食べなきゃいけないのよ。」


やっぱり、みんな言うこと同じだ。




「それとね、delizia、ビンバに赤い服を着せなさい!」

な、なんで??

「赤い服着せると発疹が全部出てよくなるから。」

.....。

「近所のDさん(チュニジア人)に話したら、娘さんの赤い服あげるって言ってわよ。」

,,,チュニジアでもその迷信は、まかり通っているのかね?







この手の話しは何かあるごとに尽きないので
いつも相手の文化の最大限の尊重を心がけて
聞き流すことにしているけれど


先日もミンモの歯が生えかけの時に
ワンワン泣いて、2回も吐いているミンモを見ていられなかった義姉が

小さなフライパンにオリーブオイルを熱して
そこにニンニクを放り込んだ!



,,,,,な、何するんだろ?



「delizia、ニンニクオイルをミンモのカラダに塗ってあげるわよっ。」


ゲ。



ここはいつものリスペクトで黙って見ていると
お腹に塗り終わって余ったニンニクオイルを飲ませようとしている。



おいおい、ミンモ既に2回吐いてるのにオイル飲ませるの~?



「これでよくなるから!」

と、よくなることを信じてスプーンでオイルを飲ませる義姉。




ミンモを抱っこすると、臭っ。

オイルが下着にまで染みて臭いんですけど。
今夜はニンニクミンモと寝なくちゃいけないのか...。








その15分後、義姉に向かって滝のように吐いたミンモ(苦笑)。




ミンモ、よくやった、
これでシャワーを浴びて私も安眠できるよ。






こうしてモロッコの民間療法は
科学的根拠がハッキリしないまま
半ば自己満足的に続けられていくのでした。















 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。