スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

想像と現実。

2009年12月02日 01:26

ある役所に書類提出の手続きをするために
朝から電話をかけて問い合わせをした。



電話口に出た男性職員は親切に説明してくれている。


彼の口調や声の出し方を聞きながら
無意識のうちにワタシのアタマの中では彼への想像が広がる。





恐らく40歳前後で、中肉中背、
眼鏡をかけていて、ヒゲ面、
ボサボサの頭をかきむしりながらワタシに説明しているんだろうな...。










9時半ころ彼と電話で話して、12時頃その事務所に出向き
ドアをノックすると「どうぞ!」と聞き覚えのある声。





ドアを開けたそこには....



なんと....



勝手にワタシの頭の中でイメージしていた男性と寸分変わらぬ人物が
目の前に座っていたのでメッチャビックリしたっ!!!




今回はドンピシャだ。



まるでデジャヴュだ。





もさっとした熊さんのような彼がそこにいる。




ただ、彼のぶっきらぼうな口調から
もっとアグレッシブ熊さんを想像していたのだが

実際の彼を見ながらお話しすると
想像よりも、おっとり熊さんだった(笑)。
















夕方はビンバの幼稚園の先生と個人面談。


ベテラン先生と若い先生の2人がワタシを待っていた。





ビンバがこの幼稚園に通い始めて
先生達はどんな反応をするのだろう?と様子をみていたら


「お家でもこんなに活発なんですか?」


「クラスで一番賑やかなんですけど。」


などなど、先生達のビンバへの第一印象は
やっぱり騒々しい悪ガキ的存在であることを物語っていた...。






あれから3ヶ月。


先生が仰るに
最初はどうなることかと思っていたけれど
最近はずいぶん落ち着きました

とのこと。ホ。





最初は他の子を叩いて泣かせたり
先生の手に噛み付いたり
(保育園時代の初期の頃もやらかしていましたが)


それは厳しい先生のご指導で
廊下に立っていなさい!じゃなく
5分間椅子に座っていなさい!攻撃で頭を冷やせるようになったそう。





しかしこの攻撃性を除けば
ビンバがやらかす天然のイタズラは可笑しく

若い先生は
「ビンバちゃんのやることなすことに大ウケで
 私はビンバちゃんが大好きなんですよ。」

と言ってくれてホッとした。







自分にどんな子供が授かるかなんて
顔ですら想像できなかったけど

まさか自分にこんな活発な子供が生まれてくるなんて
思ってもみなかったので本当にビックリである。


私が小学生の頃、いつもイタズラが過ぎる男の子がいて
そのお母さんが先生に呼び出されて
ペコペコ頭を下げて謝っていたのが妙に印象に残っているけれど
 
そのお母さんの冷や冷やした気持ちが少しわかった気がする。




ちなみにうちの夫が子供の頃、ビンバとほぼ同じ
落ち着きのない子供だったらしい...。

現在のビンバの手に負えないこの状況は
過去の自分が親に迷惑をかけた代償を今払っているのだ(涙)と夫。








ビンバのイタリア語は
両親が外国人なのに全く遅れはありません
と言われて、これまた安心した。



以前ロシア人のママと、
スペイン語を話すドミニカ共和国出身のパパを持つ双子ちゃんがいて
5歳までイタリア語は単語しか出てこなかったそうだ。







先生は
それよりなにより、日本人とモロッコ人の夫婦なんて珍しいけれど
アナタ達、どんな風に出逢ったの??

と最後は談笑で終了。








わんぱくでもいい、たくましく育ってほしい....(遠い目)。




スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。